結婚準備マニュアル

Manual

結婚準備スケジュール「〜2ヵ月前」編

招待状を発送して、結婚式の内容も細かく決まっていく大切な時期。このタイミングで招待するゲストの交通や、宿泊なども考えはじめましょう。

招待状を
発送しよう

招待状は2ヵ月前に発送しましょう

招待状の発送は結婚式の2ヵ月前の日柄の良い日(大安など)に。早く出来上がったからといって3ヵ月前など、早すぎる発送は先の予定が分からず、迷惑になる場合もあるので注意しましょう。

招待状の渡し方はゲストごとにそれぞれ気を遣いましょう

上司の場合
上司に招待状を渡すなら、手渡しがベスト。主賓の挨拶などを頼む場合は、口頭でお願いしつつ手渡しを。遠方などで手渡しができない場合は、事前に電話で伝えてから送ります。

親族の場合
親族には結婚式が決まった時点で、事前に親またはふたりから報告をしましょう。事前に結婚式に出席できるか否かを確認してから招待状を送付しましょう。

友人の場合
結婚式が決まったら電話や会ったときに報告しましょう。結婚をすることを知らずに突然招待状が送られてきてショックだったという声も多いので気をつけましょう。

宛名書きは手書きすべき?

宛名書きは手書きすべき?
正式には手書きの毛筆ですが、毛筆に近い書体をパソコンで印刷してもOK。いずれにしても失敗することも考慮に入れて封筒のみ多めに用意するのがおすすめです。誤字脱字がないか親にもチェックしてもらいましょう。

切手はふたりで用意をしよう

切手はふたりで用意をしよう
切手は基本ふたりで用意します。郵送する場合の封筒用と、返信ハガキ用のそれぞれを慶事用として用意しましょう。結婚式の招待状に相応しい記念切手でもOK。

ゲストのことを
考えよう

引出物・引菓子・親への贈答品を決めよう

引出物、引菓子は地方によってしきたりもあるので、親のアドバイスを仰ぐことも大切です。親への贈答品は、「ありがとう」の気持ちが素直に伝わるものを選びましょう。

引出物
予算やゲストの好みに合わせて選びたい引出物。今や贈り分けも珍しくありません。会場と提携している百貨店やブランドショップも多いので、ゲストに合った商品をセレクトしましょう。カタログギフトも種類が豊富で人気です。[ウェッジウッド]

引菓子
ゲストがもらって嬉しいものをセレクトしましょう。口コミで評判のものや、行列ができるお店の引菓子などは人気が高く、最近はパッケージも素敵なものが多いです。平均予算は1,000~1,500円くらい。[EKLETIKOS]

プチギフト
テーブルラウンドやゲストをお見送りする際に渡す小さなギフト。内容によっては手作りする花嫁も多いが、予算的には350~500円くらいのものが人気です。新居の住所を記したカードを一緒に添えて送ると良いでしょう。

親への贈呈品
披露宴のクライマックス、親への記念品贈呈。最近では花束のほかに、手作りの3連時計や、夫婦茶碗、親との思い出のアルバムなど趣向を凝らしたギフトが増えてきています。親へのメッセージも添えれば感動もUP。

参加するゲストの交通手配や宿泊手配を考えよう

交通手段
忘れがちなのが当日の車や駐車場の手配。特に遠方からのゲストの新幹線や飛行機の手配などは忘れずに済ませましょう。最寄の駅などから専用のシャトルバスがある会場も多いのでチェックを。

宿泊
ホテルでの結婚式は、新郎新婦宿泊プレゼントやゲストの宿泊割引があることもあります。ホテル以外の会場は提携宿泊施設があるか確認をしましょう。[ホテル椿山荘東京]

着付け
親族の美容・着付けなどを予約する場合は、支払いを新郎新婦にまわすようにしておくと当日スムーズです。当日ゲストにお金のやり取りをさせないようにしましょう。

キッズスペース
キッズスペースがある会場なら、子どもがいるゲストでも安心して披露宴に招待できます。キッズスペースがなくても、別途個室を手配できるか確認してみましょう。[west53rd 日本閣]

特集一覧ページへ戻る
Page Top