結婚準備マニュアル

Manual

結婚準備スケジュール「〜1ヵ月前」編

参加ゲストが決まるこの時期は、席次表の作成やアイテムの個数最終確定、披露宴の細かい内容決定など、彼とのコミュニケーションを大切にしながら慎重に進めましょう。

人数が確定したら
席次を決めましょう

ゲストが当日楽しめる席次を考えよう

ゲストが楽しめるかどうか大きく関わる配席。ゲストを思い浮かべて心遣いの感じられる配席をしましょう。家と家との結婚式でもあるので、迎える側として両親は新郎新婦から一番遠い末席となり、高砂から一番近い席が上座で、主賓や会社上司が座ります。

親族の肩書き

親の兄/姉・・・・・・・・・・
→ 
伯父・伯母

親の弟/妹・・・・・・・・・・
→ 
叔父・叔母

自分より年上のいとこ・・・
→ 
従兄・従姉

自分より年下のいとこ・・・
→ 
従弟・従妹

兄弟姉妹の配偶者・・・・・
→ 
義兄・義姉・義弟・義妹

兄弟姉妹の子ども・・・・・
→ 
甥・姪(くん・ちゃんを付ける)

いとこの子ども・・・・・・
→ 
従甥・従姪

肩書きには細心の注意を!

ゲストの名前に添える肩書きは、事前に会社に正式な名称を確認しましょう。部長など役職が高い人には「新郎会社上司」ではなく、「〇〇会社〇〇部部長」と明記します。また、家族には敬称(~様)は必要ありません。ただし結婚して戸籍が変わっている場合は必要なので注意しましょう。

丸テーブル

丸テーブルのスタイル
最も一般的なスタイル。どの席からも新郎新婦が見えるように配置できる上、角がないので、悩まずに配席できます。急な人数変更にも対応しやすいです。

長テーブル

長テーブルのスタイル
国賓を招いての晩餐会などに用いられるレイアウト。新郎新婦が座る高砂に一番近い席が上座。円卓よりも細かいグループ分けを必要としないので配席を考えやすいです。

最終打ち合わせ
をしよう

いよいよ最終打ち合わせ! 当日を思い浮かべながら最良の選択をしましょう

司会者との打ち合わせ
ふたりのプロフィールや主賓、乾杯の音頭や余興を頼んだ人のなどのリストを渡し、当日紹介してもらうふたりとの間柄や肩書きを伝えましょう。

カメラマンとの打ち合わせ

カメラマンとの打ち合わせ
事前打ち合わせでは「ふたりの理想の写真」について具体的に伝えるのがポイント。撮ってほしい場所やアイテム、ポーズは事前に伝えておきましょう。

BGM・照明の決定
進行に合わせてかけるBGMや照明を決めましょう。ふたりの好きな音楽をかける場合、ロックなど趣味が分かれる曲はポイントで1~2曲使う程度に留めましょう。

最終見積りをもらう

最終見積りをもらう
会場に最終人数の連絡をして料理やケーキの発注数を確定。引出物などのアイテムも最終個数を決めて発注しましょう。すべての内容が決まったら最終見積りをもらいます。→結婚式当日1週間前までに内金を差し引いた残金金額を振込またはクレジットカードで支払いします。

プロフィール・エンドロールムービーは新郎に任せて!

プロフィールムービー

ふたりがお色直しで中座している間などにふたりのプロフィールムービーを上映するのは、今やもう当たり前の演出。手作りする場合は、出来上がったら必ず会場で映像チェックをさせてもらいましょう。

特集一覧ページへ戻る
Page Top