結婚準備マニュアル

Manual

結婚に不安を感じたら注意!気分転換するためのマリッジブルー解消法

彼からプロポーズを受けて幸せの絶頂を感じるとともに、しばらく経って落ち着いた頃にいざ結婚を真剣に考えると本当にこの人と結婚していいのかどうか不安にかられることもあります。また花嫁だけでなく、花婿も同じく、独身生活から卒業となり、家族を養っていかなければならないプレッシャーでマリッジブルーになるなんてこともよくあります。そのような不安を感じたままでは結婚準備においても支障が出るので、早いうちに気持ちを切り替えないといけません。今回は、ご自身がマリッジブルーになったときの解消法と、彼がマリッジブルーになったときの向き合い方についてご紹介したいと思います。

マリッジブルーになる原因

マリッジブルーは、結婚式の準備中に起こることが多いと言われています。その理由は、両親へのご挨拶、ゲストへの配慮、また資金のことなど、現実的な事柄に直面しストレスを抱えやすい期間であるためです。特に、不安の要因となりやすいのがライフステージの変化です。これまでずっと親元で暮らしてきた、または一人暮らしの生活が長かったということであれば、大好きな人とはいえ、今後共に生活していくことには少なからず不安があるでしょう。また結婚はふたりだけの話ではなく、相手の家族とも仲良くしていかなければいけないことなので、その点も大きな不安となりやすいです。

このような理由でマリッジブルーになってしまったときに効果的な解消法は、以下の3つが挙げられます。

・お互いの将来についてしっかり話し合う
・ひとりの時間を大切にする
・相談できる人を見つける

それでは、ひとつずつチェックしていきましょう。

お互いの将来について
しっかり話し合う

マリッジブルーに陥る方の中には、これから夫婦としてやっていけるのか心配になって、ひとりで悩み込んでしまうケースがあります。今不安に思っていることがあるならば、彼にしっかり打ち明けるようにしましょう。その際にはイライラせず、冷静に気持ちを伝えることがポイントです。

またあなたは平気でも、今後家族を支えていくことの責任感から彼の方が不安を抱えている場合もあります。彼も自分と同じく結婚に期待と喜びでいっぱいだと決めつけず、彼としっかり将来について話し合うようにしましょう。その際に気をつけたいのが、彼にすべてを支えてもらおうとは思わず、不安を一緒に受け止めてあげることです。彼が将来について真面目に考えているのであれば、それはあなたにとっても嬉しいことだと思いますので、しっかりと支えになってあげるようにしましょう。

ひとりの時間を
大切にする

結婚生活を円満に続けていくためには、常に夫婦が一緒にいるというのは、時として逆効果になることもあります。どんなに仲良しでもひとりの時間は大切です。ご自身もしくは彼が「自分の時間がなくなるのでは…」と不安を覚えるようであれば、結婚後もお互いのプライベートの時間はしっかり設けるように話し合いましょう。

「月に1回は友人と出かけてもOK」「お互いに違った趣味があってもOK」など、結婚生活が窮屈にならないように、居心地の良い関係を作ることがコツです。

相談できる人を見つける

マリッジブルーで過剰なストレスを抱えたり、片方だけでなくふたりともマリッジブルーになってしまったりなどして、どうしても自分たちでは解消できない場合は、すでに結婚している友人や家族に相談してみましょう。

「マリッジブルーは一時的なものだから大丈夫!」とすでに経験済みの先輩花嫁から言葉をもらえれば、少しは気持ちが楽になると思います。

結婚準備は、一度にたくさんのことをせずに少しずつクリアにしていくなど、自身の経験をもとにアドバイスもしてくれるはずなので、気分転換も兼ねて気軽にお茶にでも誘ってみるとよいでしょう。

また、プランナーさんに相談するのもおすすめです。これまで何組ものカップルと向き合ってきたプロですので、結婚式の内容だけでなく、結婚に対して不安に思っていることを話してみても問題ありません。過去に同じような不安を抱えた方の事例や、その方がどうやって解消したかなど的確なアドバイスをくださると思います。モヤモヤした気持ちで結婚式当日を迎えることのないように、遠慮せずに相談してみましょう。

晴れやかな気持ちで
結婚式を迎えるために

結婚が決まると幸福感だけでなく、しばらくすると人によっては辛い気持ちや憂鬱感が芽生えてくることがあります。

とはいえ、結婚とは本来幸せいっぱいであるべきもの。結婚に向けての準備はイライラした気持ちにならずに、晴れやかな気持ちで進めたいですよね。

マリッジブルーの原因は人それぞれ違うため、解消方法も人によって異なってきます。自分に合った方法を見つけて、スッキリとした気持ちで結婚式を迎えられるようにしましょう。

特集一覧ページへ戻る
Page Top